初マタのお呼ばれpart1~「不安いっぱいの時に準備すること」編~

大切な人からのお呼ばれ。でもでももしかして、妊娠したかも?お式にはいけるのかしら? うれしさと不安が入り混じるとき。そんなマタニティ時のDress Upには、「安心」はとっても大切。 でもそれだけじゃなくてオシャレに楽しく、お腹のベビーとの思い出も残せたら…?

FantaDressがこの5年間で頂いた先輩プレママからのメッセージは1000通以上。 ドレスアップの感想や着用感、マタニティ時のお呼ばれでの経験談などの声をたくさん頂きました。共通しているのは「準備で当日の安心感がアップする」ということ。この声をつなげていくことでプレママさんのDress Upがより素敵なものになりますように…。という願いを込めて、今回は「初めてのマタニティお呼ばれ:当日までの準備編」をお伝えしたいと思います。(次回は「ドレス選び編」についてお伝えします)


■大切な人のお呼ばれ。でもマタニティの時は不安だったりも。

お呼ばれは嬉しいものであっても、初めての妊娠で、そんな時のお呼ばれには漠然と 不安になったりします。先輩プレママさんからも、 「妊娠中の出席で不安でしたが…」とか「妊娠9か月で不安でしたが…」というメッセージを多く頂きます。


そんな中で、先輩プレママさんたちは、どのようにお呼ばれを迎えたのでしょうか?

■ドレス以外の準備がとっても大切!な、プレママドレスアップ

マタニティ期のお呼ばれの不安は、当日に何かあった場合についてが多いようです。そこで当日は、「移動」と「お式への参列」に分けて考えると準備がしやすくなります。移動は、快適性・安全性を第一に考えます。帰り道は想像よりも疲れが出たりするので、動きやすく楽なものだと安心ですね。

①靴

少し荷物になりますが、移動用とお式用に分けるのがおススメです。
移動時→歩きやすく、履き慣れたものを。ローヒールや、フラットパンプス、きれい目なスニーカーなども良いでしょう。挙式から披露宴の会場が遠かったり、未舗装だったりの場合にも安心です。
お式→着席していることが多いので、手持ちのハイヒールでも大丈夫という声もよく聞きます。
移動用・お式用と分けず1足で過ごす場合は3~5センチで、むくみの心配もあるので3Eなど幅広の歩きやすいローヒールが良いでしょう。

ファンタドレスがおススメしているローヒールは、3Eなどの幅広タイプで、つま先やかかとにリボンやゴールドのワンポイントがあるものです。足元がスッキリして見え、ドレスにも映えます。ブラックベージュなどベーシックなものやシルバーなど華やかなローヒールまでご用意があるのでドレスに合わせてお選びいただけます。かかとがほとんどないペタンコのバレーシューズなどは履き心地は安心なのですが、せっかくのドレスアップがカジュアルな印象になってしまうことも…。なので、できれば3cmくらいの高さが&安定感のあるヒールのパンプスを合わせるとドレスアップ感もぐっと引き立ちます。


モデル妊娠7ヶ月 身長162cm バスト:90cm 腹囲85cm
ローヒールでもエナメルの光沢感とゴールドのワンポイントで足元スッキリ

②下着…締め付けがないこと

・ストッキング
移動時→ウエスト~お腹の締め付けがないものを用意しましょう。
お式→マタニティ用が安心ですが、なかなか可愛いものが見つからないという声も多く聞きます。
通常のストッキングを使用する際の”裏ワザ”を先輩プレママさんから頂いたのでご紹介します。

1)リブ部に数か所切り込みを入れる:真ん中あたりにイラストで描いて頂いています


2)ハンカチをお腹に充てて圧を軽減する :アラサープレママRyokoのドレスアップ研究日記
などすると、良いそうです。

実際、スタッフも二人目妊娠中にリブの切り込みストッキングを試しましたが、
電線することもなく快適に着用できました。さらにハンカチを挟んでより安心感UPの参列となりました。

・ブラジャー
マタニティ用のものがおススメですが、肩ひもが太かったりしてドレスの襟元から見えてしまうこともありますね。そのため、通常のブラジャーを使う場合は、アンダーバストのアジャスターなどできつくならないように調整するか、お式用と移動用に分けるのがよさそうです。もしくは、襟元が広くないドレスを選ぶとよいでしょう。

・ペチコート
ファンタドレスでは、プレママさんからご要望の多かったマタニティ用のスカートペチコートを無料オプションでお付けしています。冷え対策や、インナーのラインがドレスに出にくくなるのでぜひご利用くださいね。

③ドレス…きつくないこと(詳しくは、次回のドレス編で!)

体型は、お腹とバストだけでなく肩幅やアンダーバストも変化します。 ドレスのサイズチェックの際には、全体のサイズ確認をしましょう。
お式が数か月先の場合もあります。参列時の月齢にあわせてドレスを選びましょう。月齢別ドレス紹介:Happy Maternity Dress Up
・臨月期ドレス腹囲の目安
妊娠前サイズS~M→100㎝  妊娠前サイズL→110㎝
※目安なので個人差があります。

妊娠初期から臨月期まで、幅広い月齢で着られるドレス一例です。(個人差があるので実寸値ご確認下さい)

Fiona(フィオナ)

★プレママモデル妊娠7ヶ月(160cm B85cm W82cm H86cm)
(インナードレス)肩幅:32cm/バスト88:cm/身頃幅:120cm/着丈:92cm
(レースドレス)肩幅:37cm/バスト92:cm/身頃幅:130cm/着丈:97cm

④冷え対策

お袖があるドレスであれば、羽織は必要ありませんが、冷え対策にはショールやジャケットなどがあるとより安心です。腰回りの冷えについては下着の際にも触れましたが、ファンタドレスではエンジェリーベのマタニティ用ペチコートを無料オプションでお付けしています。冷え対策にもぜひご利用下さい。

また、腰回りのおススメアイテムとして、ユニクロのヒートテックウエストウォームショートパンツがあります。リブ部が深く、伸縮性があって、下腹部をカバーしてくれます。ネットで購入できるXL・XXL・3Lが、妊娠前サイズM~Lの場合、臨月まで使用できます。(個人差があります)伸縮性があるので、産後も使用できる点でもおススメです。

⑤水分補給

妊娠中は、のどが渇きやすくなります。あかちゃんの分までしっかり水分補給してあげて下さいね。

■その他、先輩プレママの声~準備編~抜粋

「出欠の連絡の際に、妊娠中のことを伝えたら、ブランケットを用意してくれました」

→ガーデンウエディングなど会場によっては冷えが気になる場合があったり、参列者は挙式の間ずっと立っている場合もあります。その際にブランケットや椅子を用意してもらえることがあるので、妊娠のことをお伝えできる段階で連絡を入れると良いでしょう。

「妊婦で手持ちのワンピースを着ることができず、また準備の時間が取れなかったのでとても助かりました」

→悪阻などで外出が厳しく、ワンピースだけでなくむくみで靴のサイズが変わったり、ローヒールが無かったり、マタニティ中のドレスアップには準備が必要なことがあります。ファンタドレスでは、ドレス・アクセサリー・ヘッドセットがトータルコーディネートされているので、ワンクリックでレンタル可能です。オプションでローヒール、ショールなどもご用意があるので、色々検索する時間がない方でも手軽にご利用いただけます。

マタニティラインができたのは、お客様の声から

もともと、ファンタドレスにはマタニティラインはありませんでした。 でもある妊婦のお客さまから、「マタニティ用で可愛いドレスがなかなか見つからない…」というご相談があり「マタニティだからこそ、今しかない瞬間を楽しめるドレスを、手軽にレンタルしていただけたら…」という思いからスタートしたのがマタニティラインです。それからたくさんの妊婦さんにご利用いただき、たくさんのお声をいただき、そのお声をもとに、安心して、そしてお洒落に!ドレスアップいただけるドレスを数多くセレクトしてきました。また、モデルも妊婦さんを起用し(マタニティモデルも公募させていただいております)実際の着用感をできるだけリアルにお伝えすることを心掛けてまいりました。

今回は、先輩プレママのメッセージやアドバイスから、安心してお呼ばれの当日を迎えていただくための準備についてお届けいたしました。次回は、どんなドレスを選ぶと「安心で」「うきうき」な一日を過ごせるのか、ドレス選び編をお伝えしたいと思います。